電子マニフェスト

HOME > 電子マニフェスト
  • こんな解体も!
  • 解体最前線!
  • 設備一覧
  • 中間処理場

廃棄物処理の3工程で

産業廃棄物管理票交付等の報告書の提出は年1回義務づけられます。ただし、電子マニフェストで管理されている場合には、提出不要です。 当社は、収集運搬業・処分業(破砕)の事業内容で電子マニフェスト加入を行っています。

石井興業  電子マニフェスト加入者番号

  • 収集運搬業   2001511(平成16年10月14日開始)
  • 処分業(破砕) 3001432(平成16年10月14日開始)

電子マニフェストとは

産業廃棄物の『排出・運搬・処理』の各工程管理の電子データ化です。作業時ごとに入力し、情報処理センター(財団法人日本産業廃棄物処理振興センター)に電子データを登録することで、情報が管理されます。そのため、年1回の報告書作成の必要がなく、大幅な事務処理の効率化が図れます。

電子マニフェスト

電子マニフェスト導入メリット

  • 記入漏れが無くなります。
  • 情報は一括管理されているため、紙のような押印・照合確認・管理作業が不要です。
  • 伝票の束を保管する必要もありません。
  • 情報処理センターに登録されている情報をリアルタイムで見られます。
  • 管理票の偽造などの防止にもつながります。データの透明性が確保されます。