解体最前線

HOME > 解体最前線!
  • こんな解体も!
  • 解体最前線!
  • 設備一覧
  • 中間処理場

高圧放水銃「スカット君」

ホコリ“ゼロ”&高効率解体への挑戦

ビル・建築物などの解体には、“周囲への配慮”“作業スタッフの安全”そして“作業の効率性”が常に求められています。石井興業は、2005年に散水ロボットの『スカット君』を2台導入。より付加価値の高い解体工事を実現しています。

高圧放水銃「スカット君」の特長

特長1

高い効率性&有効性

人間がまいているように、解体箇所に散水できるので、ホコリが出るのをピンポイントブロック。近隣からの苦情もほとんどありません。

特長

無駄な動きも”ゼロ”でスピーディー

従来の散水機は固定式で、解体箇所が変わればクレーンも移動・旋回させるなど無駄な動きが多く、重機がホースを踏む危険性もありました。『スカット君』は、【上60°・下45°】【左90°・右90°】の広域を重機の移動無しでカバーします。

特長3

遠隔操作で安全作業

無線操縦方式で、最大100m離れたところからリモコン操作。現場に近寄って散水する危険から開放されました。

特長4

汎用性も高い

高所作業車に搭載して、消防クレーン車の様に高い位置から放水、小型クレーンで機動的に放水など、どんなタイプのクレーンにも装着可能。汎用性の高さで、高層ビルや工場、また狭小な作業環境など、解体対象や環境に合わせて装着機を設定できます。

特長5

大容量で高い効率

10K、20Kの高圧、大容量の散水ポンプで、マグナム級の散水を実現します。